男性

不動産売却は見積りを必ずしよう|税金も含めてチェック

住宅ローンを滞納したら

悩む男性

住宅ローン滞納により、物件を差し押さえられて競売にかけられるケースが大阪でも増えています。住宅価格の高騰により、無理な返済計画が原因のひとつと見られます。住宅ローン滞納が続けば、ローンは保証会社が金融機関に対して一括返済の弁済を行い、債務者に対しても一括返済を請求します。分割には応じないことから、競売を余儀なくされる人が多いわけです。といって自分で住宅を売却しようとしても、金融機関が応じないことがあります。ローンに残債が残ると、その担保が無くなるからです。そこで利用したいのが、任意売却を手掛ける専門業者です。大阪にも多くの業者がありますが、ローン残債が残る物件売却に精通した専門機関となります。

住宅ローン滞納により住宅を自由に売ることができなくなると、金利負担もかなりの額になります。そのために大阪に数多くある任意売却業者を活用することになります。ただし、一般に売却するよりも売却金額は安めになるので注意が必要です。当然残ったローンは借金となり、後で払うことになります。といっても、金融機関の承諾を得ずに勝手に売却すると、後でトラブルが発生します。買主に所有権を移転させるために抵当権を外す必要がありますが、金融機関が応じないことがあります。そこで、金融機関の承諾を得られる任意売却が必要になります。その場合には、金融機関の審査を通る業者に任せることが条件となるので注意が必要です。住宅ローン滞納となったら、早めに大阪の専門業者に依頼することが大事です。