男性

不動産売却は見積りを必ずしよう|税金も含めてチェック

不動産売却とは

積み木のマンション

仲介業者は慎重に選ぶ

自分が持っているマンションなどの不動産を売る際は、方法や注意点について調べることが大切です。不動産売却の経験が少ない一般の人がマンションを売る場合、不動産会社のような仲介業者を通してマンションを売ることが多くなります。他にも自分で直接買い手を見つけて売却したり、直接買い取ってくれる業者に売る方法もありますが、専門の仲介業者に任せる方が安心感があります。しかし、全ての仲介業者が顧客のことを考えてマンションの仲介をしてくれるわけではなく、中には悪徳な業者が存在するのも事実です。そんな悪徳業者に依頼してしまうのを防ぐには多くの業者に査定をお願いしたり、自分のマンションの大体の相場価格を前もって知っておくことが大事になります。一度決めてしまうと後から仲介業者を変更するのは困難なので、仲介業者選びはとても重要です。

多くの人が仲介を選ぶ理由

多くの人が不動産を売却するときに仲介業者と媒介契約を結ぶのは、高い金額で売れる可能性が高くなるからです。買取業者は不動産をリフォームやリノベーションして売りたいという思惑があり、その費用を計算するとどうしても買取価格は低くなります。また、個人売買では買い手を見つけることが難しいことと、売却の手続きが複雑で面倒という人が多いようです。仲介業者を通してマンションを売る場合、販売価格には売主の希望が反映されます。相場の価格と離れていなければ、できるだけ高い金額を設定することができるのです。さらに、最近の仲介業者との契約には、資金が間に合わないときの売却代金立替えサービスやマンションを売却できなかったときの買取サービスなどが用意されている場合もあります。